Wednesday, March 11, 2015

HARDLY-DRIVEABLE HELMET

冬に逆戻りの新潟ですが、ウズウズしているBIKE乗りの方も多いであろうと思います。
今日はそんな方々に送る、MADE IN JAPANの珠玉のHELMETを御紹介です。

HARDLY-DRIVEABLE
30年代から70年代のモーターサイクルカルチャーをモチーフとしたITEMを製作。こちらを手掛けるのはWRと交流もあるHAMMER CYCLEさん。旧車のカスタムから修理まで幅広く手掛け、その手腕とセンスで海外のシーンからも注目を集めています。

WRではこちらの珠玉のHELMETを展開してまいります。

HARDLY-DRIVEABLEという言葉はAMF時代に生まれた言葉で、60年代後半から販売された日本車に乗るアメリカ人達が値段に対して非常にクオリティの高い日本車に対し、値段が高い割りに性能の低いハーレーを馬鹿にしたり、茶化したりする中で生まれた様です。


ROAD RIDER
¥45,000(+TAX)*イヤーパッドは別売り¥7,000(+TAX)
SIZE/BOYS,REGULAR

50年代にMchal社が製造を担当し、H-D純正として世に送り出されたロードライダーをモチーフにしたハーフキャップタイプヘルメット。グラスファイバーの織りやパラシュート構造の内装も再現しています。ハッキリ言って素晴らしいクオリティです。
一つ一つ全て手作りの為、受注生産となっている拘りのITEMです。


 レザーのイヤーマフ。質感も非常に良く、経年変化が楽しみです。
英国製によくみられる手法で、Mchalと言えばこの中吊り天井のスタイル。

CLUB STER 
¥45,000(+TAX)*イヤーパッドは別売り¥7,000(+TAX)
SIZE/FREE

こちらはジョッキータイプ。こちらも50年代のMchal社が製造をし、H-D純正として世に送り出されたタイプをモチーフとしています。

気になる方は是非店頭でサンプルをご覧ください。
受注生産となりますので、2~3週間ほど納期がかかります。(在庫があれば即納可能です)


現在の日本の物作りでビンテージを再現している、非常にマニアックなITEMです。このクオリティは是非皆さんに手にとってご覧いただきたいと思います。特に旧車乗りの方にはマストなITEMですよ。お問い合わせもお待ちしております。
DAICHIでした~。

No comments:

Post a Comment