Sunday, October 25, 2015

RACING DOWN JKT TYPE2 RELAX FIT

先日入荷しております、WEST RIDEを代表するITEM、RACING DOWN JKT TYPE2。

WESTRIDEを代表するITEMとして、やはり多くのBIKERの皆様に提供できる様にしたいという思いから、今季より様々なバリエーション違いをリリース致します。
今回入荷したモデルは、先日入荷のスタンダードタイプと同一スペックのまま、サイズのみをリラックスフィットにしたバージョンとなります。
スタンダードタイプと比較すると、見幅や腕の幅が1.5サイズ分大きくなり、着丈が2センチ短くなります。
単純に体格の良いお客様だけでなく、左程スピードを出したライディングではなく、ゆったりと走る時に着用したい、といった方にもお勧めできるフィット感です。
ライディングを考慮しタイト感のあるシルエットのTYPE2を、体型と使用パターンに合せ、より幅広く提案できるラインナップとなります。

金額や細かいスペック、カラー展開などは同じとなりますが、念の為ご紹介させて頂きます。

ALL NEW RACING DOWN JKT TYPE2 RELAX FIT
BLK
¥69,800(+TAX)

WEST RIDEを代表するITEM、ALL NEW RACING DOWN JKT TYPE2。2003年の発売以来、沢山のREAL BIKERと共にRUNしてきたジャケットです。

全行程完全MADE IN JAPAN。
頂点を極める理想のダウンとして世界中で最も高い評価を受けるハンガリー産ホワイトグースダウンを贅沢に使用。気温差が激しいハンガリー特有の厳しい気候条件の下、管理された農場で生産される生後1-2 年の越冬した親鳥から採取されるホワイトグースダウン。
WESTRIDE では、その中でも更に希少性の高いダウンボールを採用。耐久性に優れたダウンボールは、柔らかく弾力性に富み、抜群の保温力を発揮。通常500-600FP で高品質とされるダウンだが、RACING DOWN JKT は現在量産できる羽毛の中で最高品質となる800FP もの高機能を誇る。フィルパワー(FP) とは、1 オンスの羽毛を圧縮し、その後どれ程復元されるかを計測した数値。高機能なダウンほど空気を含むことで大きくなり嵩高性を保つ。1 羽の水鳥から僅20g 程度しか採取できず、「白いダイヤモンド」とも言われるホワイトグースダウン。こちらのジャケットではM サイズで315g ものダウンを使用している。

ライニングは真冬のライディングでも最高の肌触りと、保温性を保証する、ウール混のオリジナルライニング。サイドに体温調整用ベンチレーション機能も装備。
ニットパーツには防風寒性と静脈効果を高めるネオプレーンを内蔵し、リブは毛玉防止用レザーパッチ付き。各部ディテールは寒冷時のライディングを徹底的に考慮した作り込みとなる。

WESTRIDE ではダウンをハンガリーから輸入し、日本国内で洗浄。ダウンパック封入、縫製までを10 数人の熟練工で仕上げる。機械に頼らないハンドメイドの丁寧なキルト加工は、ダウンの嵩高があるので特に技術を要する。全行程完全MADE IN JAPAN。だからこそ出来うる最高品質のダウン。それがWESTRIDE のRACING DOWN JKT。









BLK/RED ST

過去には限定カラーとしてリリースされていた、ステッチのみがREDカラーとなっているモデル。多くのBIKERの再販の声を受け、数シーズン前より定番カラーとしてリリースしております。

OLIVE

唯一定番や限定カラーの中でBLKを使用していないモデルとなり、
昨今のWEST RIDEのイメージカラーとしても非常に人気の高くなっているOLIVEカラー。

BLK/BRN

毎シーズンリリースしているシーズン限定カラー。
今回は初の杢糸使用となるBLK×BRN。クラシカルで落ち着いた雑妙なカラーリングとなります。

作り込みや、ディティールは勿論、そのスタイリッシュなデザインも皆様から反響をいただいている要因です。細身のDOWN JKTであるがゆえに、風への抵抗も少なく、快適なRIDINGができる。
見た目と機能性をバランス良く融合させた、正にWEST RIDEの珠玉のITEMです。

それに加え、見た目のスタイルとサイズのバランスを調整し、より体格の良い方や、ゆったりと着用したいという方へむけたRELAX FITモデル。
サイズ選びやバージョン選びに悩まれました際は、WESTERN RIVER及び、全国のDEALER様へご相談ください。様々な角度からお客さんにピッタリの1着をご提案させて頂きます。

これから迎えるBIKERには厳しい季節、WEST RIDEのRACING DOWNがあればきっと快適で楽しい時間を過ごす事ができます。皆さま、一度お試しください。 DAICHIでした~。

No comments:

Post a Comment