Sunday, October 30, 2016

VASCO BAG

先日に引き続き、VASCOのBAGが入荷してきました!!
先日御紹介したBAGの方もおかげさまでお問い合わせ頂き、即完売となった商品もございます。
ハンドメイドにて仕上げており、大量生産されておりませんので中々市場に在庫が無い状態です。
お探しの商品や、気になった商品がありましたらお早めにお問い合わせ・御来店ください。

今回はレザートートバッグ、ボストン、クラッチショルダーの入荷です。
VASCO
LEATHER TRAVEL TOTEBAG
VS-263L
BROWN,BLK
¥35,000(+TAX)

1940年代頃のアメリカのツールバッグをベースにしたレザートートバッグ。
チェストナットやミモザから抽出されるタンニンでなめされた、姫路産フルベジタブルタンニンレザーを"丘染め"と呼ばれる伝統的な手染め製法で一枚一枚丁寧に染め上げ、深みのある風合いに仕上げています。

丘染めは19世紀にイタリアのサンタクローチェ地方で生まれた技法で、色の濃淡や味わい深く経年変化することから現在も愛されています。近年は手染めができる技術のある皮革職人は世界でも有数の存在となり、手染めのレザーは稀少になりました。

ハンドルは北米産の極厚なベジタブルタンニンレザーの最も繊維密度が高く強度のあるベンズと呼ばれる部位のみ使用し、ヘヴィーオンスな馬具などの補強に使われる、米国製コッパーリベットを打ち込んでいます。
レザーはオイルを手作業で刷り込ませて、タンニンなめしならではの焦げ感に。
ライナーは堅牢度の高いコットンオックス地を使用し、ヘビーデューティーに仕上がっています。
19世紀初頭、旅を使用目的としたのバッグが普及したとされることから「TRAVEL TOTE BAG」と命名しました。A3サイズが収納できます。
VASCO
LEATHER 3WAY  CLUTCH BAG
VS-240L
BLACK
¥25,000(+TAX)

クラッチバッグの歴史は古く20世紀初頭まで遡ります。
1910年代、社交場に出入りする女性たちに愛されたクラッチバッグをベースにした3WAYバッグ。
ショルダーは肉厚な北米産ベジタブルタンニンレザーを使用。
中でも最も繊維密度が高く強度のあるベンズと呼ばれる部位のみ使用しています。
レザーは仕上げにオイルをたっぷり染みこませ、タンニン鞣しならではの焦げ感になっており、雰囲気抜群です。
ライナーは堅牢度の高いオックスコットン地を使用し、ショルダーの長さ調整や取り外しによって、ショルダー、ハンドバッグ、クラッチになる利便性に優れた3WAY仕様です。

とにかく人気の3WAY CLUTCH BAG。
毎回即完売ですのでお早めに・・・

VASCO EQUIPMENT
NYLON CROSS X LEATHER BOSTON BAG
VSE-261S
BLACK
¥46,000(+TAX)

1900年代初頭、Boston Universityの学校指定通学用鞄をベースにしたボストンバッグ。
当時、ハイテク素材よりも耐久性が高いことで主流とされていた、肉厚なカウレザーをハンドル、ショルダー、ボトムに使用。生地はレザーと共に経年変化を楽しめるコットンナイロンを採用。アメリカの馬具に用いられるCopperRivetでハンドルに打ち込み、劣化による裂けを改善しています。
ショルダーの牛毛フエルトはクッション性、耐久性に優れ、肩にかかる負担を大幅に軽減し、重い荷物にも耐えられる構造です。
※フエルトにはほつれ防止のバイヤスカット加工が施されています。

フロントのピッケルホルダー(ブタバナ)には、のストラップ、カラビナが取り付けでき、傘、シャツなどをアタッチメントすることができます。メインコンパートメントのジッパーには南京錠を付けれるセキュリティ機能もあります。大容量なアウトポケット付きで、アウトドアスポーツ、トラベリングなどのアクティブシーンに対応。
クラシカルなディテールを盛り込みながらも機能製・利便性に優れた設計です。

これだけの作り込みであり、これだけの男らしさを感じさせてくれるボストンバッグは他に無いでしょう。

 傘やシャツなど、手持ちの荷物を納める事が出来るピッケルホルダー。

 ボトムレザーですので、耐久性も抜群です。また、雰囲気も非常に良いです。

荷物が多めの方や、旅行や出張が多い方に特にオススメしたい逸品です。
柔らかくもあり、高密度のナイロンクロスと厚みのあるレザーの雰囲気が絶妙にマッチしています。
このクオリティで雰囲気のバッグは他にありません。手に取って頂ければ分かります。

今日ご紹介したITEMもやはり入荷までにお時間がかかります。是非一度ご覧ください!!DAICHIでした~。

No comments:

Post a Comment