Monday, September 5, 2016

DETAIL OF WR201

まだ残暑が続いていますが朝晩は涼しくなってきて秋を感じさせる事もありますね。
この時期から是非勧めたいコチラの定番商品。

WR201
BLUE / BLACK
¥23,800+TAX

ORIGINAL LEFT HAND SUPER HEAVY WEIGHT SELVAGE DENIMを使用したWESTRIDE定番のデニムパンツです。ライディングとタウンユースにも最適なスッキリとしたシルエット。ハードなライディングを意識し頑強さを持った21.75ozの極厚デニムですが、穿き易さも考慮し伸縮性を持った左綾織りにする事で穿き心地も確保。丈夫さと穿き易さを兼ね備えたDENIMに仕上がっています。

各部トリプルステッチ、脇割ダブルステッチ。股部分には生地を貼り強度もUP。縫製糸は耐久性も考慮し各部にコアスパンを使用し強度を高めています。

独特な形状のWESTRIDEらしいベルトループ。ヘアオンハイドパッチ、オリジナル鉄製ボタン、オリジナルUFOリベット、通称「イッテコイ仕様」の一枚からなるセルビッヂ付き前立てなど、ヴィンテージデニムのディテールをMIXして長年にかけて制作した渾身のDENIM PANTSです。
尚、レングスも333436と揃えていますので裾上げいらず。その日から穿き込めるのも喜ばれています。

強度と穿き心地、更に自慢なのが経年によるシャープな縦落ちにあります。
何故、今のタイミングでお勧めしたいかと言うと、いい色落ちをさせたい 濃淡のはっきりしたメリハリのあるデニムに育てたいなど思っている方が大半だと思います。濃淡の出かたは穿き方にもよりますが、洗いのサイクルでも大きく変わってきます。洗濯の頻度が早いと皺の位置が変わったりすることで、通称「ヒゲ」や「ハチの巣」などと呼ばれる色落ちが出なかったり、擦れによる色落ちではなく水に寄る退色で濃淡が出にくくなります。
程良いサイクルで洗って穿き込む事が濃淡の効いたデニム、ヒゲやハチの巣の効いたデニムの育て方のポイントとなってきます。涼しくなってくるこの時期からなら汗のベタつく汚れも減ってきますので洗濯のサイクルも調整出来る事でしょう。

尚、WR201にはこちらのBRASS製のキーホルダーが付きます。

話題の1948XXとはまた違う魅力のWRSTRIDEの定番WR201。
今年の秋から育ててみては如何でしょうか?エビナでした!

No comments:

Post a Comment