Tuesday, January 17, 2017

OUTER&INNNER VEST

先日BLOGにてご覧いただいたアウターに引き続き、そのインナーとしてもお勧め出来るVESTをご紹介。
ここ数年でVESTの人気も非常に高くなり、皆さん思い思いのコーディネートを楽しんでいる様です。インナーとしてもアウターとしても重宝するVESTは、シーズンを問わず着用でき、なによりインナーとして使う事でしっかりと保温力を高めてくれるITEMでもあります。正にこの時期にお勧めしたいITEMなのです。


SWASTIKA BEACH CLOHT VEST
BLK PRINT ¥32,800(+TAX)
PLAIN ¥31,800(+TAX)


生地はORIGINAL BEACH CLOTH WOOL74% COTTON26%。過去にもBEACH CLOTH素材はリリースしてきましたが生地のWOOLとCOTTONの比率を今季は変更。当時のORIGINALの素材と同じ比率で製作しました。
WESTRIDEは「新潟ブラック」と呼ばれる新潟特有の染料の色味を使ったグレーブラックが強調されたCOLORを採用。
すでに皆さんもご存じの様に様々なBRANDからもリリースされている程、雰囲気、存在感抜群で、生地特有の柔らかさがあり保温性にも優れた素晴らしい素材です。

往年のアウトドアとネイティブ系テイストをウエストライドの視点で融合させたBEACH CLOTH VEST。WESTERIDEジュエリーでもモチーフと使用しているSWASTIKAを染み込みプリントで表現(プリントの無いプレーンタイプもあり)。

WESTRIDEらしいVINTAGE感にオリジナリティをMIXさせたITEMです。

WOOL RUG VEST
BRN RUG
¥28,000(+TAX)

生地はオリジナルの2重織りブランケットラグ WOOL70% TR30%。
ヴィンテージナバホのブランケットラグをイメージソースとし、ブラウンを基調としたアースカラーをオリジナルで製作。
経糸・緯糸をそれぞれ2種用いて表面と裏面を別組織で織り上げた生地を使用しました。
シャツなどとの重ね着がし易いようVゾーンを狭くし、POCKETの柄合わせは勿論ですが、それだけでは無く柄の位置や高さまでもが計算されたWESTRIDEだからこそ作り得た仕上がりとなりました。
60年代中盤以降の「バイカーを撮影した写真」ではミリタリーウェアとの重ね着で必ずと行っていい程に登場するVINTAGE RUG柄の織物。その織物をより高級感ある高い品質で現在のファッションに通用するITEMとして再構築しました。
非常に品のある生地感です。

MIDVENTILE VEST
OLIVE
¥27,800(+TAX)

こちらはインナーとしてよりは、アウターとしての提案となります。
人気のMIDVENTILE JKTのVESTバージョン。
作りや機能性はMIDVENTILE JKTそのままにVESTに仕上げています。軽やかで保温力の高さが魅力的な1着です。
厚みも無いので、上に羽織る物次第ではインナーとしても活躍出来ます。先日のMOUNTAIN RIDERS CLASSICでも申し上げた通り、この薄さで保温力の高さはバッチリ確保されています。
普段車社会の地方に住む私たちにとってもこの点はポイントが非常に高いですね。



 BLK
NAVY

シンプルなスタイルなので様々なコーディネートに使える人気の1着です。アウターばかりに目がいっていて見逃した方は再チェックしてください!!
レイヤードでコーディネートを楽しみながら、寒さ対策もしっかりして下さいね。宜しくどうぞ!DAICHIでした~。

No comments:

Post a Comment